社会保険労務士(社労士)と税理士のダブルライセンスは全くの不可能ではありませんが、難易度の高い2つの国家資格の取得までに長い期間を要すると心得ておいてください。 社会保険労務士(社労士)と税理士の資格はどっちがおすすめ? 税理士登録者数は7万人以上いて、そのうち弁護士や公認会計士資格所持者のような試験免除者は2万人を超えます。そんな中で他の税理士と差別化を図るためにも税理士と相性のいい資格を取得すれば、もっと顧客に良いサービスを提供できるようになります。 税理士は税務とその手続きのスペシャリストであり、社会保険労務士は年金や公的保険、労働法のスペシャリスト。今回は税理士・社会保険労務士のダブルライセンスを持つ岡田慎一氏にスポットを当て、税務と労務の2本のレールで走るようになった経緯とその効果について語っていただいた。 社会保険労務士の取得を目指そうと考えた時に、比べてみたくなる資格があるかと思います。社会保険労務士よりも面白い仕事はないか?ダブルライセンスは目指せないか?社会保険労務士と比べて気になる資格を、ここでチェック! 社会保険労務士、略して社労士の資格を取ることを目指す人達が、最近増えてきています。どうしてこれ程までに社会保険労務士の資格が注目されるようになったのでしょうか。それには色々な理由がありますが、何といっても働きながら取得することの出来る資格の 社会保険労務士は、社会保険と労働問題のエキスパート。企業の総務部門などに勤務を希望する人にも、開業希望者にも社労士の資格はお薦めでしょう。このダブルライセンスの組み合わせでは、メインとなる業務は社労士の仕事になります。