日航機墜落事故 自衛隊の射殺報道とは? 日航機墜落事故は、もっと早く現場に救出に向かっていたら、ほかにも助かった人がいたはずだと言われています。 . 事故直後は、生存者4人以外にも、生きている人たちがいたという証言もあるようです。 日航123便の墜落事故は、この記事が的確にまとめている。 つまり、この異常な自衛隊員の大量自殺は、航空自衛隊の戦闘機によるミサイルの誤射が原因だとする説を主流にした。 確かに、航空自衛隊のファントム機2機が日航123便を追尾していた。 謎が謎を呼ぶ日航機墜落事故。巷では陰謀説もささやかれています。そんな日航機墜落事故の真相と、真相の中に仕組まれた陰謀についてをまとめました。果たして、この事件にはいったいどんな秘密が隠されているのでしょうか。それを解き明かしたとき、見えてくるものとは。 重要追加説明】 jal123便墜落事故の出回っている話はウソばかり世間では、このjal123便墜落事故に関して様々な情報が交錯して流れています。かなり意図的な… 毎日新聞1987年6月20日朝刊による(掲載は追込み形式であるが、発言毎に改行かつ発言者を行見出しとした)。cap 機長cop 副操縦士f/e 航空機関士p…

日航機墜落事故から30年(写真:Natsuki Sakai/アフロ) 「胸に迫る」。 そんなことはどうでもいい、ただ生きていてさえくれれば。