【照会要旨】 病気で寝たきりの者のおむつ代は、医療費控除の対象になりますか。 【回答要旨】 「おむつ使用証明書」により、医師による治療を受けるため直接必要な費用であることが明らかにされたものについては、医療費控除の対象となります。

また、おむつが医療費控除の対象になる場合は(こちらに詳細を記載しています)、 6ヶ月以上寝たきりの状態であったり、傷病によりおむつの使用が必要と医師の証明があるという条件があります。 そもそも医療費控除とは? そもそも医療費控除とは何なのかということですが、医療費控除とは、その年の1月1日から12月31日の間に本人又は生計を一にする家族のために医療費の支払いを行った場合に、一定の金額の所得控除を受けることができるという制度です。 確定申告の季節ですね。 高齢者の方は病院にかかる頻度が高くなり、それに伴う医療費控除の申請が必要になってきます。 そこで疑問に思うことが、入院時に発生した物品等の代金が医療費控除の対象になるのか?ということですよね。 医療費控除の対象は一体どこまでなのでしょうか?

医療費控除の対象となる医療費は、「治療」のための費用。つまり、医師等による診療や治療のために支払った医療費や器具購入費に限られます。医師による診療であっても、美容や健康維持のためのもの … おむつ代に係る医療費控除を受けるのが2年目以降であること。 要介護認定で使用された主治医意見書で、「障害高齢者の日常生活自立度(寝たきり度)の記載が、 「b1、b2、c1またはc2」(寝たきり)、かつ尿失禁の発生可能性が「あり」と記載されている人。