寒い朝にビックリ!寒さなのか、劣化なのか使っていない水道管から水が噴射してました。。。とりあえず元栓を閉めて水が漏れないようにしました。水が噴射していたのは金属でできた管のところ 凍結破損のメカニズムについて(3) <水道管の破裂> ここで、水道管に水を満たし、水圧を上げていった時に水道管が破裂する現象について考えてみます。 パスカルの原理に基づき、水道管の内壁は単位面積あたり等しい力を垂直外側の向きに受けます。 2月上旬は再び大寒波が来ると予想されています。また水道管の凍結が起きるかもしれません。 水道管の凍結や破裂を防ぐ方法 を考えましょう。 私は学生時代、北海道に住んでいました。当時体験した最低気温は、-15℃です。鼻毛も凍る世界でした。 水が噴射していたのは金属でできた管のところだったので、劣化の錆び+寒さで凍結で寿命に . 水道配管の凍結を防ぐ凍結防止帯ですが、ビニール製の樹脂パイプに使用できない物も多くあります。日本電熱水道凍結防止帯gmタイプは樹脂管や塩ビ管もokで使いやすい! 図1 塩ビ管の破裂事故の状況 (左)パイプラインの破裂により陥没した道路。 (右)管の破損状況。まず中央部の疲労破壊が起き、その後周辺に脆性破壊 6) が進んだと推定されます。 図2 圧力変動緩和装置の構成.