多くの会社では労働者に対して通勤手当を支給しているケースが一般的ですが、通常、通勤手当とは、法律的な支払い義務はありません。通勤手当とは、社会保険労務上どのようなものなのでしょうか?今回は通勤手当の持つ性質や内容について学んでいきます。 勤怠控除で注意するべきポイント. 「残業手当」で使用する勤怠項目がない場合、手順2で項目グループを[勤怠]に切り替えて作成します。 作成した勤怠項目に[単位]を設定します。この場合は「普通残業時間」に関する勤怠項目なので[時間]を … 勤怠控除は、すべての企業で必ずおこなわれているものではありません。手当を控除対象にするかどうかは、企業によって対応が異なるので、以下に挙げるポイントに注意が必要です。 3-1. 普段は給与計算システムを使っていて、給与計算はシステムに任せているという会社は多いかもしれません。 しかし給与担当者としては、総支給額から実際の所得額に至るまで、どのように計算が行われているかをきちんと把握しておく必要があります。 シフト制サービス業の勤怠管理につきものなのが、22時以降の深夜割増手当と残業計算です。 深夜割増として22時から5時までの勤務に対しては通常の時給よりも25%増しにすることが法律で義務づけられて … 多くの人が勤怠管理表の作成でつまづきやすいのが、深夜残業(深夜割増)の計算です。 くじけやすいポイントは2つ。 (1)一つはExcelにおける時間や時刻の表示を正しく理解していないこと。 (2)もう一つは計算がちょっと複雑な点。 3. 各種手当と勤怠控除を検討する